名古屋発、近鉄特急で甲子園野球観戦!

近鉄と阪神のレールがつながって今年で5年になります。
直通特急の計画がありましたが、なかなか実現がしませんでした。
ようやく今年になって、臨時団体列車扱いで直通特急の運転が実現しました。

「せっかくレールがつながったのだから甲子園応援列車も運行したら良いのに」と思っていた方も多かったはず。
とりあえずですが、この5月・6月に名古屋から甲子園へ応援列車を走らせるようです。

続きを読む "名古屋発、近鉄特急で甲子園野球観戦!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツアーバスに思うこと…。

ゴールデンウィークはじめの4月29日(日)未明~早朝。
関越自動車道で7名の方がお亡くなりになるという痛ましい事故が起きました。
たまたま衝突した場所が防音壁の始まり(端っこ)であったために、防音壁が車体に食い込み車両が大破。
被害者も車体左側に集中しています。
あと数m先でぶつかっていたら、浅い角度で側面を擦る感じになり犠牲者も無かったかもしれません。

事故などに「たら」「れば」はありませんが、お亡くなりになった方々のご冥福と、ケガをされた皆様の1日も早い回復をお祈りします。

さて、ここ数年、いわゆる「ツアーバス」と言うものに疑問を抱いています。

続きを読む "ツアーバスに思うこと…。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米・コダック社が連邦破産法申請…

世界的にも有名だった、アメリカのコダック社が1月19日連邦破産法11条の適用をニューヨークの裁判所に申請したと発表を行いました。ニュースによると昨年9月末時点で負債総額は67億5000万ドル(約5200億円)。
130年以上の歴史を持つコダック社は、写真フィルムの製造販売で圧倒的なシェアを持っていました。しかし、デジタルカメラが急速に普及する中で、フィルムにこだわった経営で、危機に陥っていたようです。

リンク>
米コダック:破産法申請、経営破綻 初のデジカメ開発、時代に乗り遅れ(毎日Web)

リンク>
米コダック、破産法第11条による事業再編を申請 (ロイター)

リンク>
米コダック、破産法の適用を申請 事業は継続 (CNN Japan)

続きを読む "米・コダック社が連邦破産法申請…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神淡路大震災から17年です

阪神淡路大震災から今日で17年が経ちました。

17年…。
長いようであっと言う間の17年のような気がします。
今でもあの時の状況は良く覚えています。

ちょうど、徹夜で大学に提出するレポートを書いていて明け方の5時過ぎに完成。
朝まで少し時間があったので仮眠でもと思いふとんに入ってしばらくしてから、今まで経験したことのない揺れに襲われました。
寝ている真上(ちょうど顔の辺り)にテレビが転落して来て、あと少しで顔面に直撃と言うこところでした。
徐々に明るくなるにつれてテレビやラジオで被害の様子が報じられる中、とんでもないことになったと感じました。

戦後最悪の死者を出した阪神淡路大震災は、その後の地震対策や防災、復興、ボランティアについて様々な影響を与えました。
そして昨年、阪神淡路大震災を上回る未曾有の大災害『東日本大震災』が起きました。

阪神淡路大震災、東日本大震災でお亡くなりになった方々のご冥福を祈るとともに、被災地やその後の原発事故の1日も早い収束と復旧・復興をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国の高速新幹線が追突・脱線事故

急速にその営業距離を伸ばしている中国の高速鉄道。
その高速鉄道で追突・脱線事故が起きました。

中国版新幹線が脱線、2両が橋から転落 浙江省(asashi.com)

多数の死者が出ている模様で、原因等は「落雷」とあるだけで明確にはされていません。
まずは犠牲になられた方、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

中国の高速鉄道は、考えられない速さで急速にその営業距離を伸ばしてきました。
手抜き工事や政府関係者との癒着など話題も(真偽はともかく)絶えません。
今後もその営業距離を伸ばす計画があります。
また、ご存知のとおり中国は高速鉄道技術を『独自技術』として海外に輸出しようとも考えています。

脱線、運行システムトラブルか 日本技術は車両のみ (asahi.com)

実は、今回の事故は日本では考えられない事故です。
高速運転する鉄道では、特に追突防止のため閉塞区間(一定の区間内に他の車両を入れない)の管理は大切なことです。
肉眼で確認してからのブレーキでは到底間に合いません。
それだけ、運行管理システムは高速鉄道にとっては生命線とも言えるものです。

中国の場合、色々な国からの技術を導入し、記事にもあるとおり一部では異なるシステムを取り入れている区間もあるようです。
それを中国が改良を加え『独自技術』を主張しています。
しかし『独自技術』を主張するなら、今回の事故から考えると、かなり欠陥があるといえます。
私の知る限り、高速鉄道で追突・脱線事故を起こし、死傷者が出たのは世界的に見てもあまり例がな気がします。
(もしかして、初めて?)

当局発表では今回の事故は「落雷による一部施設の破損によるもの」としています。
しかし、何の施設なのか明らかにしていません。
同じような事が起きた時の根本的な対策や改善がされないまま、今夜には運転を再開したいと中国・鉄道省は言っているみたいです。
とてもそのような物は利用する訳にはいきません。

通常日本では、落雷等で施設への影響がある場合は、全送電を停止し運転を中止します。
中国ではそのような措置をとらずに運転を続けたのでしょうか?
他の記事では、「減速してきたところへ後ろから突っ込んできた」ともあります。
システム上の不備は間違いないでしょうが、原因を明確に調査する必要があります。

日本、ドイツの高速鉄道技術を参考し『独自技術』と言うのなら、今回の原因を詳しく調査のうえ公表し、改善点も明確に公表してから運行をしない限り、『独自技術』とは言えないでしょう。
そのような高速鉄道は、危なくてとても乗れるものではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節外れの台風接近!

季節外れの台風が接近しています。

「季節外れ?」と思われるかもしれませんが、通常この時期はまだ台風はなかなか接近してきません。
大陸の冷たい高気圧が日本付近に残っているために、通常はブロックされて北上せずに西へ流れて行きます。

台風は通常、夏の太平洋高気圧の淵を回ってきます。
この季節は、夏の高気圧と大陸の高気圧がせめぎあいをします。
その結果出きるのが梅雨前線です。
ですから、この時期に台風の接近は珍しいのです。
(まったく来ないという訳ではないですよ)
それも、1号2号と続けて来るのは、めったにありません。

大阪は昨日、梅雨宣言がありました。
5月の梅雨入りもあまり記憶にありません。
季節が半月ほど早く感じます。
(それにしても、肌寒いです)

今回の台風はコンパクトですが、強さを示す表現は「猛烈」となっています。
一番強い表現です。
そのままの勢いで来るとは思えませんが、梅雨前線とあわせて大雨に警戒です。
台風情報は最新のものを入手し、備えておくことが大事です。

私は『ウェザーニュース』を携帯サイトともども一番良く使用します(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月とは思えない天気だ!

今日は12月とは思えない天気でした^_^;

未明には大雨洪水警報が出るなど、朝方はものすごい雨でした。
おまけに昼間は結構気温が高く、暑くて上着を脱いでしまいました。

交通も影響を受け、阪和線などは大雨により早朝からダイヤが乱れてました。
その後も架線支障や強風による見合せなど1日ダイヤが乱れていました。

大阪の12月は通常、北からの乾いた風で滅多に雨は降りません。
乾いた寒い冬です。
しかし、今日は12月にしては珍しく大雨が降り、おまけに気温も高かったです。
雨がやんだ後は、強風と急激に気温が下がってきました。

明日以降はかなりの冷え込みだそうです。
各地のスキー場も雪が全然積もってなく、せっかく積もった雪も融けてしまったみたいです(>_<)
でも、来週以降はドカンと期待したい所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このままだと関空、成田が見殺し?

前原国交相は17日、大阪府の橋下知事と会談を行った。
橋下知事からは伊丹空港を廃止してでも関空のハブ化などの意見を行った。

それに対し前原国交相は、羽田空港の第4滑走完成の10月以降に羽田空港の国際化とハブ化を優先することを明言した。
この発言は、今後あらゆる方向に影響を及ぼすことは間違いない。

「羽田をハブ空港に」と前原国交相、橋下知事反発(YOMIURI ONLINE)
前原国交相:羽田をハブ空港に転換 第4滑走路完成を機に(毎日jp)

前原国交相の「今の日本にハブ空港はない」との発言、これは今までの空港行政のツケ。
ハブ&スポークの役割分担を明確にせず、とにかく何のビジョンも持たずに空港を作り続けたため。
それが高額な着陸料に跳ね返り、国際便の就航を敬遠させた。
首都圏の「国内線は羽田、国際線は成田」と言う「内際分離」も利用者を遠ざけている。

関西では、「アジアのハブ空港」をめざした関西空港が当初廃止予定の伊丹空港が残り、神戸市が神戸空港を造ってしまった。
本来なら関西空港は国際線と国内線を集中させ、構造も乗り換えが便利なように造られている。しかし、伊丹空港を存続させた為に当初多くあった国内線が伊丹空港に移ってしまった。

「ハブ空港をつくる」と言う点には賛成である。
しかし、そのためには不用な空港の廃止も含め、空港行政全体のビジョンをまず示す必要がある。
(と言うか、もともと関西空港がその予定で造ったのでしょうが…)

それにしても今回のこの発言、「内際分離」を原則にこれまで整備がされてきて、いまだに完全形ではない成田空港周辺はたまってものではない。
成田空港建設のために強制的に追い出された住民にとっては尚のことである。

このままだと関西空港にとっても今後のビジョンが示されないまま、ただ税金だけが使われ続けていく。
現段階で明言が出来ないことは仕方がないにしても、ますます東京中心になってしまう気がする。

もっとも、羽田空港に滑走路が1本出来たとしても、国際線すべてを吸収することは出来ないので引き続き成田空港は必要でしょう。
しかし、発言するにしても「全体をしてどうして行くのか」をもっと練ってから言って欲しいものだ。

ところで、橋下知事の「金出さん」発言はいかがなものかと私は思うぞ。
(まぁ、いつものことですが…)

橋下知事:国交相と会談 関空のハブ化なしならカネ出さぬ(毎日jp)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪堺電気軌道ピンチ!堺市のLRT事業中止か?

私が生まれ育った街『堺』
旧市街の真ん中を堂々と今も走っている阪堺電気軌道(通称:チン電)。
その存続に黄色信号がともった。

もともと経営が厳しい阪堺電気軌道。
そして独自の交通を持ちたい政令市・堺市。
そこで浮上したのが阪堺線のLRT化と東西の新路線建設構想。
9月に行われた市長選挙で当選した新市長が、採算性が取れないとして中止を言い始めた。
堺のLRT事業は今後の良いモデル事業になると思っていただけに残念だ。

竹山・堺市長:「LRT」を白紙撤回、関連予算凍結へ(毎日jp)
堺のチンチン電車なくなる? 新市長、LRT「中止」(asahi.com)

このLRT事業は路線を堺市が、運行を阪堺電気軌道が行う事で話が進んでいた。
記事のもあるとおり、経営の厳しい阪堺電気軌道は現在、LRT事業を前提として堺市から補助金をもらい路線の運営を行っている。
事業そのものが中止になれば補助金も減額されることになり、阪堺電気軌道にとっては路線の廃止に踏み込む可能性も出てくる。

ここで経営云々は置いといて、これだけ環境問題が話題になるご時勢、LRT事業に私は賛成である。
LRTにつては「空港をつくれ」とか「新幹線をつくれ」とかと少し意味合いが違うと思う。

日本においてLRTについての理解は、まだまだ進んでいない。
昔の路面電車のイメージがまだ頭にある日本において「路面電車は自動車の運転の邪魔者」としかうつらない。それも渋滞の激しい街中においてはなおのことである。

LRTは昔の路面電車に比べ、格段に性能も、走行性も、また低床式ならバリアフリーの観点からも上である。
日本はまだまだ自動車優先主義で、LRTの有望性を引き出せていない。
なぜ、ヨーロッパ等でLRTの新線建設が盛んに行われているのか?
単に採算性のみ捉われず、LRTについてもっと学んでから考えて欲しい。
中止にするならそれに代わるビジョンをしめして欲しい。

(LRTは何も併用軌道でなくても良く(むしろ大部分が専用軌道)、低床式とも限っていない。そのため高速性を持たせることも、他社線に乗入を前提として建設することもある。Wikipediaの『LRT(ライトレール)』の項目も参照してください)

話はかわり普段から私が思っているのだが、日本の交通関係の整備についてはバラバラである。
ビジョンと言うものがまったくない。
空港、高速、鉄道。
公共性と役割分担をまったく考えずにバラバラで整備がされている。

空港をつくれ!
新幹線をつくれ!
高速道路をつくれ!
リニアの駅をつくれ!

バラバラでつくった結果、大幅な赤字がつくられ、真に必要なものが失われていく。

バスを含めそれぞれのツールの特徴を生かし、何でもかんでもつくるのではなく、それぞれの役割分担を明確にし、ビジョンをつくり、公共性を考えて整備することが大切である。

Photo
(写真は2008年1月に撮ったモ170形。現役最古の部類になる車輌)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

イベント中、東京ビッグサイトで事故

夏コミまで12日となった本日(8/3)、東京ビッグサイトでエスカレーター事故があった。

西館1階から4階を結ぶ、あの長いエスカレーターである。

 リンク>エスカレーター急停止:12人重軽傷 東京ビッグサイト - 毎日jp.
 リンク>エスカレーター急停止:10人が軽傷…東京ビッグサイト - 毎日jp.
 リンク>エスカレーター急停止:一瞬でパニック…折り重なる客 - 毎日jp.

今日はフィギュアのイベント『ワンダーフェスティバル 2008夏』が開催中。
その最中での事故。原因は今のところ不明。

ここのエスカレーターはコミックマーケットは午前中使用しませんが、午後からは帰りの導線のため上り一方通行で使用します。
通行量も相当あります。
エスカレーターに振動を与えると緊急停止する危険があるため、スタッフが『歩かないで下さい』と常に注意喚起している。

今回の事故、13日から開催される夏コミにも影響が出るのは間違いないでしょう。
原因と改善がされない限り、恐らく使用しないかもしれませんね。
(場合によったら、他のエスカレーターも使用停止もしくは制限されるかもしれません)

でも、あそこのエスカレーターが使用できなくなると、午後の西館からの帰りの導線はニュー東京側の階段と、バスターミナル付近の上りエスカレータのみとなる。
狭いうえに、あの大人数を捌けるか不安なところです。
(いつも、かなり混雑しています)

それにしても「夏コミ開催中に起きていたら」と考えるとゾッとします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)