『山の日』に箱根訪問 ③(箱根登山鉄道)

桃源台から再びロープウェイに乗って強羅まで向かいます。

7月末に再開通した箱根ロープウェイですが、16時には営業終了となります。
以降の時間は代替バスで移動しなければなりません。

営業終了前に大涌谷、早雲山を経由して強羅まで向かいます。

続きを読む "『山の日』に箱根訪問 ③(箱根登山鉄道)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『山の日』に箱根訪問 ②(海賊船・箱根神社)

大涌谷から再びロープウェイに乗って桃源台へ。
途中の姥子では方向が変わります。

デッタッチャブルリフトと同じで、駅い入るとロープ(ワイヤー)から搬器が外れて上部のレール上を移動するので方向を変えることができます。

続きを読む "『山の日』に箱根訪問 ②(海賊船・箱根神社)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『山の日』に箱根訪問 ①(大涌谷まで)

8月11日は、今年から初めて出来た『山の日』です。
その『山の日』に箱根山まで行ってきました。

昨年の冬コミの時に早川の海鮮食べ放題に行きましたが、その時「小田原から箱根まですぐやん」と気づき、今回は寝坊することなく箱根まで行くことにしました。
(^^;

続きを読む "『山の日』に箱根訪問 ①(大涌谷まで)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW北海道旅行⑬(小樽へ移動)

札幌でレンタカーを返却して電車で小樽まで移動します。
レンタカー店から札幌駅までは歩いてすぐです。
これで札幌ともお別れです。

続きを読む "GW北海道旅行⑬(小樽へ移動)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都鉄道博物館訪問④

本館の内部では、鉄道の歴史などの貴重な資料や展示がされています。
ここまでなら他の鉄道博物館と同じなのですが、京都鉄道博物館では保守、運行管理、運転、車掌、駅務体験等の体験型の展示が多くあります。
運転体験は多くの鉄道博物館でもありますか、駅務や保守といった体験はなかなかありません。

さすがに運転シュミレーター等はどれも長蛇の列でしたので、今回は見ているだけでした。

続きを読む "京都鉄道博物館訪問④"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都鉄道博物館訪問③

京都鉄道博物館の最大の特徴は、実際に使われてきた扇形機関車庫と数多くの蒸気機関車です。
他の鉄道館では、これほどの蒸気機関車はありません。
また、蒸気機関車の多くが動態保存されており、運行が可能であるというのも大きな特徴です。
実際に蒸気機関車を検修する検修庫も展示の一部として、検修の様子が見れるのも特徴です。

続きを読む "京都鉄道博物館訪問③"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都鉄道博物館訪問②

開館初日に訪れた京都鉄道博物館。
面積、展示車両数ともに日本最大の規模です。
プロムナードだけでも見ごたえがあり、時間を費やしていしまいました。
(^^;
今度は館内に入っていきます。

続きを読む "京都鉄道博物館訪問②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都鉄道博物館訪問①

4月29日に日本最大の鉄道博物館である『京都鉄道博物館』が開館しました。
大阪・弁天町にあった『交通科学館』と、現地にあった『梅小路蒸気機関車館』が統合されて作られました。
人気で混雑しているだろうなと思いつつ、開館初日に行ってきました。

続きを読む "京都鉄道博物館訪問①"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ノ電を撮影してみましたが…

Comic Market の前日、江ノ島方面へ観光に行ってきましたが、その際、江ノ電の写真も撮影してみました。

本当は江ノ電の撮影なら撮影で時間をたっぷりとって行くべきなのですが、今回は江ノ島観光の方がメインだったので時間的な制約が大きく、あまり撮影できませんでした。

夏ぐらいにまた考えたいと思いますが…。
観光シーズンになるので人も周辺道路も交通量が増えてねぇ…。(^-^;

反省点盛りだくさんの撮影しなってしまいました。 (>_<)

続きを読む "江ノ電を撮影してみましたが…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城崎温泉へ⑩(大阪へ帰宅)

久しぶりに行ったマリンワールド。
随分とリニューアルされていた感じがしました。

感じたのは、北海道の旭山動物園を皮切りに動物園も水族館も、動物をより身近にどの様に見せるのか?ということ心を配っているように感じます。

体験型のアトラクションやオプションが増えているように感じます。

さて、城崎マリンワールドから城崎温泉駅に13時前に帰ってきました。
14時の列車で大阪へ帰ります。

続きを読む "城崎温泉へ⑩(大阪へ帰宅)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧