« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

コミックマーケット81 お疲れ様でした。

すっかり年末(大晦日)の風物詩となった冬のコミックマーケット。
81回目の開催となった冬コミも無事終了しました。
首都圏以外の地方に在住の参加者にとっては、3日目の参加は結構きついですね。^_^;
私も昨年大晦日のコミケに参加しましたが、家に帰ったのが21時を回っていた気がします。

今回のコミックマーケット…。
1日目は前回冬コミに対し1万人減の15万人の参加。
2日目が1万人増の17万人の参加。
3日目が2万人減の18万人の参加で、トータル3日間で50万人の参加だったそうです。

こうして見ると、昔は2日目が一番少なかってまったりとしていましたが、ここ数年の東方プロジェクトの関係で2日目の参加者が増加しています。
(それも、一部の会場に集中している…)

参加された皆様、年末お疲れ様でした。
一部の方は年内に帰れると良いですね。^_^;

ニコニコニュースでコスプレの写真が出ていたので、行ったつもりで見てみたいと思います。

コミックマーケット81 コスプレ写真集(1日目)【ニコニコニュース】

コミックマーケット81 コスプレ写真集(2日目)【ニコニコニュース】

コミックマーケット81 コスプレ写真集(3日目)【ニコニコニュース】

新年まであと少し。
皆様、来年も良い年でありますように。(^o^)丿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミックマーケット81 第1日目終了!

冬の『コミックマーケット81』(通称:冬コミ)が東京有明にある東京国際展示場で開幕しました。
初日の参加者数は15万人!
リンク先のニュースによると、前回の冬コミ(C79)より約1万人減だそうです。
それでも1日の15万人の参加は相変わらずすごいですよね。

コミケ81 : 日本最大のマンガの祭典開幕 寒空に長蛇の列 (まんたんWEB:毎日新聞)

コミケ81 : 初日は15万人 企業ブースは限定グッズにコスプレコンパニオン登場 (まんたんWEB:毎日新聞)

昨年の冬に引き続き、今回の冬コミも日程的に参加可能でした。
しかし、今回は年明けに様々な行事ごと(出費も重なる)がありますのでお休みにしました。
昨年の今頃は東京でしたが…。

参加しなくても、年2回のコミックマーケットの話題を聞くといきたくなりますね。^_^;
チェックリストは東京の友人に送信しましたので、ゆっくり待つことにします。

次の夏コミ(C82)は、8月10~12日とお盆(8月15日)に重ならない開催日程です。
毎年、8月15日と前々日の8月13日が都合悪く、参加に苦しんでいました。
次回は数年ぶりの夏コミ参加出来そうです。
しかし、冬コミに比べて夏コミは気象的に非常に厳しいので
気をつけながら参加をしなければならないです。^_^;

さて、参加された皆様は、良い本にめぐり会えたでしょうか??
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月用のお酒を買いに行きました

正月用に三輪の『今西酒造』さんまでお酒を買いに行きました。(^^)

今年は『鬼ごのみ』の原酒とおり酒の2種類と『吟醸初しぼり みむろ杉』、それと『どぶろく』の4種類です。
(写真は3種類しか写っていませんが…)
0030

『みむろ杉』は純米吟醸酒で、毎年この時期しか出荷されません。
また『鬼ごのみ』(おり酒)もこの時期限定のお酒です。
特に『鬼ごのみ』(おり酒)は濁り酒でビンの中で発酵を続けています。
そのため、開封して飲む時、泡がシュワシュワっと出てきます。
さながら日本酒版のスパーリングワインのようです。

いずれもお酒も飲みすぎ注意!
「お酒が苦手」と言う方も抵抗なく飲めるお勧めのお酒です。
一度、お試しあれ…。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xmas プレゼント?

12月24日午前、クリスマスプレゼントが届きました。

と言っても、自分で買ったものですが…。^_^;

以前ブログでも書きました、電話とFAXとスキャナーとプリンターです。
その中でも、プリンターはタイの洪水の影響で入荷が遅れ、やっと届いたそうです。

今回購入したのは…

・EPSON PX-1700F (プリンター、FAX、スキャナーの複合機)
0020_px1700f
・EPSON PX-7V  (プリンター単機)
0010_px7v
の2つです。
そのうち、PX-7VについてはPX-5Vとどちらにしようかと最後まで悩みました。
PX-5V黒色に強く、PX-7V青色に強いと言う特徴があります。
普通に使うならどちらでも良いのですが、写真用にするなら黒色に強いPX-5Vを選択となります…。
当初の予定ではPX-5Vでした。
しかし、予算的なものがあり結局少し安いPX-7Vにしました。(T_T)
ようやく年賀状の印刷が出来ます。
後は、カメラが来れば万々歳です。(^^)
一応、生産が再開されて来週には少し入荷があるようですが、私まで回ってくるかは不明です。
ひょっとしたら、サンタサンが届けてくれるかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水寺の紅葉は、ほぼ終わりでした。^_^;

祇園から八坂神社→清水寺へと歩いて散策しました。
11月に行く予定でしたが、大雨のため中止にしたので、今回はその穴埋めです。
しかし、東山の紅葉もほとんど散ってしまい残念でした。

金閣寺からだと、バスで銀閣寺まで直行できます。
そこから哲学の道を経由して踏破しようとも考えたのですが、それでは清水寺まで間に合わない感じでしたので、八坂まで移動をしました。

ぶらぶらと店など見ながら清水寺まで散策。
写真に写っているのは散った後の楓などの木です。
ここに一面の紅葉を想像して見ると、実に圧巻の景色だったでしょうね。

定番の場所から…。
色々撮影してみました。
0010_2
0020_2

清水の舞台には、前日に発表された今年の漢字『絆』が展示されていました。
0030_2

枝だけになっている木、大半が楓です。
最盛期の頃は、真っ赤だったでしょうね。
創造しただけでも、凄い景色が目に浮かびます…。
0040
0050_2
0060_2
0070
0080_2
0090
0100

この後、かなり遅い昼食をとって帰路につきました。
京都といえば湯豆腐。
豪華な湯豆腐(値段も豪華…)をおいしくいただきました。

帰りは京阪電車で淀屋橋へ…
ちょうど時間的に『OSAKA光のルネサンス』の点灯時間だったので、淀屋橋駅は凄い人混みでした。
当初は立ち寄る考えでしたが、1日中歩き倒したのでクタクタ…。
そのまま『OSAKA光のルネサンス』には寄らずに帰りました。

家ではグッタリでした。 _ノフ○ グッタリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の嵐山と金閣寺へ

少し間隔があいてしまいました…。^_^;

翌日(12/17)、朝目覚めて外を見てみると、駐車車両や庭の植え込みに薄っすらと雪が積もっていました。Σ( ̄ロ ̄lll)
朝食を終えた頃には殆ど融けてなくなっていましたが、昨夜寒かったわけです…。

チェックアウト後、朝の嵐山を少し散策してみました。
今朝方ちらついていた雪も止み、空も晴れて来ました。
紅葉はほとんど散ってしまい、初冬の雰囲気です。
しかし、所と所に真っ赤な紅葉がありました。(^^)
0010
0020
0030

嵐電嵐山駅から北野白梅院を経由し金閣寺へこの日は向いました。
朝とあって、まだまだ人は少なかったです。(^^)
しかし、海外からの観光客の方は結構来ていました。

金閣寺に来るのは2回目ですが、前回はあいにくの天気でした。
今回は天気に恵まれ、見事な金色の金閣寺が見えました。
0050
0060
0080

この後、一気に市内を通り抜け八坂→清水へと向いました。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐山花灯路2011(渡月橋付近と竹林の小径)

宝厳院を後にして渡月橋から中の島公園を抜けて阪急嵐山駅方面へ一旦行きました。
嵐山花灯路の会場は、阪急嵐山駅→中の島公園→嵐電嵐山→竹林の小径→トロッコ嵐山大河内山荘→常寂光寺→落柿舎→二尊院と広大です。
片道約50分を写真を撮りながらなので、結構時間がかかります。^_^;

ちなみにこの日は、時折小雪が舞う半端ない寒さでした。(>_<)

渡月橋から阪急嵐山駅のまでの様子です。
嵐山駅では手作りの提灯が展示しています。
0010
0020
0030
0040
0050

阪急嵐山駅から折り返します。
竹林の小径までは約30分ほどかかります。
嵐電嵐山駅前は多くの方でにぎわっていました。
0150

竹林の小径もライトアップされていて美しかったです。
しかしココで問題が…。
スタッフから「あと30分ほどで終了でーす」の声、
「え??」

パンフレットを見たら、20時30分で終わりだそうです。
「早や!∑(゚∇゚|||)」
『神戸ルミナリエ』とか『OSAKA光のルネサンス』は22時までなので、そのつもりで回っていました。(>_<)

あわてて竹林の小径に向いました…^_^;

ライトアップされた竹林が幻想的できれいでした。
0060
0070
0080
0090

ここまで撮影を済ませた時、トロッコ嵐山駅に向って右側のライトが消されてしまいました…。(T_T)
0100
0110
0120
0130
0140

最後の写真の向こう側が、トロッコ嵐山駅になります。
直後、残りのライトも消されて真っ暗になりました。
私以外にもまだ、多数人がいましたが…。
途中、墓地の横を抜けるのですが、灯りも一切なくちょっとした肝試し気分でした。^_^;

今回は終了時間、失念していました…。_| ̄|○
この反省を生かし、来年機会があれば竹林の小径から二尊院まで行ってみたいと思います。

でも、三脚立てての長時間露出撮影は結構時間かかるからなーーー。^_^;

(つづく)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宝厳院・獅子吼の庭ライトアップ(2011年)

昨年の訪問に引き続き、宿泊している目の前の宝厳院『獅子吼の庭』の夜間ライトアップに行って来ました。
宝厳院は先に行きました天龍寺の一部になります。
紅葉は既に終盤で大半が落葉していましたが、まだまだ美しい紅葉も楽しめました。
11月中は多くの方で入場するのに並びますが、この日は人も少なく、前回と違い『獅子吼の庭』をゆっくり見て回ることが出来ました。
しかし、このことが後々大きく響く事態になろうとは…。
ちなみに、先週までは色鮮やかな紅葉が枝に多くあったそうです。

宝厳院前の『嵐山羅漢』もライトアップされていました。
0020

宝厳院入口の様子です。
入口傍にある樹は、落葉した紅葉です。
下の写真なぞ、昨年の写真と比べると一目瞭然です。 ^_^;
0010

『獅子吼の庭』です。
前回来た時(2010年11月)は多くの人で大変でしたが、今回は人も少なくゆっくり見れました。
0030
0040
0050
0060

獅子吼の庭から出ると、紅葉のトンネルがあります。
端には羅漢もあり、ライトアップがされています。
0070_2
0080
0090_2
0100_2
0110

この後、渡月橋、阪急嵐山方面によってから嵯峨野・竹の小道へと回っていきました。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天龍寺の庭園を散策

花灯路の点灯は17時から。
その間の時間を利用してお隣にある天龍寺を尋ねてみました。

天龍寺では諸堂の拝観と庭園の拝観をしました。
0040
0050
0190
0060
0080
0110
0070
0090
0100
0140
0130
0120
0160
0180
0170
0150

時間的に、太陽が山影に隠れてしまってからの撮影でしたので、全体的に暗い写真が多いかもしれません…。
曹源池周辺など紅葉の見頃の時期くると真っ赤になっています。
しかし今回は遅かったのか、ほとんどの木々が葉を散らした後でした。
その中でも数本は紅い葉のまま残っており、最後の主張をしているようでした。

散策後、しばらくすると時間になりましたので、先に法厳院の『獅子吼の庭』を散策してみました。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都、嵯峨野・嵐山周辺の散策

12月16日~17日にかけて『京都・嵐山花灯路』及び京都周辺の散策に行ってきました。
『花灯路』は初冬に嵐山、春に東山で開催されています。
紅葉の見頃は終わってしまいましたが、一部にはまだまだきれいな紅葉が残っていました。
(ちょうど一週間前の12/9~11が見頃だったそうです)

今回も会場近くに宿を探していましたら、宝厳院の目の前にある『ご清遊の宿 らんざん』が1泊朝食と得点付きで7,000円ほどで宿泊予約が取れました。(^^)
0010_2

本来は大堰川(桂川、上流では『保津川』とも呼ぶ)をはさんで、南側(阪急・嵐山駅のある側)が『嵐山』、北側(JRや嵐電のある側)は『嵯峨野』と言います。
しかし最近では、まとめて『嵐山』と呼ぶ方が浸透しているみたいです。

宝厳院の前には『嵐山羅漢』があります。
0020_2
0030
ユニークなB級観光スポットと行った所でしょうか?(^^)

夜は宝厳院の『獅子吼の庭』と『京都嵐山花灯路』に行き、その前に時間があったので天龍寺も行ってみました。
翌日は金閣寺と前回行けなかった東山・清水を歩き回ってみました。

今後数回にわたり、写真をUPしていきます。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の布引ハーブ園を散策

ハーブ園内を散策し、紅葉以外の写真も撮影してみました。(^^)

0020_3
0010_3
0030_3
0040_3
0050_3
0060_3
0070_3
0080_3

園内をゆっくり見て回っていると、気がつけば14時に…。
下りのゴンドラに乗って下山し、その後は徒歩で北野異人館街へ向いました。
北野異人館街は布引ハーブ園とは逆に多くの観光客が来ていました。

観光をするなら、先にハーブ園を回り、その後北野異人館街へ向う方が急な坂道をほとんど登ることがないので楽です。(^^)
(下りばっかりです)

北野異人館街から三宮駅までは徒歩で北野坂を下ればすぐにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布引ハーブ園の紅葉は見頃でした (^^)

ハーブ園内も紅葉が見頃でした。
この週末でも、まだまだ十分楽しめると思います。
この日は園内も人が少なく、ゆっくり楽しむことが出来ました。(^^)

0010_2
0020_2
0030_2
0040_2
0050_2
0060_2
0070_2
0080_2
0090
0100
0110
0120
0130

布引ハーブ園のその他の写真も少し撮影してみました。(^^)

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布引ロープウェイと紅葉

神戸ルミナリエを見た翌日、どこを回ろうかと考えていました。
モザイク?、北野異人館街?元町中華街?
ふと、ホテルの窓から新神戸・六甲山系方面を見ました。
すると、山がオレンジに色付いていました。
鮮やかの山の色に誘われ、新神戸から『神戸布引ハーブ園』に行くことにしました。
0009

三宮駅から新神戸駅を通るバスに乗車、新神戸駅で降ります。
0010

昔はココからハイキングコースを布引の滝→布引ダムとめぐり山を登っていきましたが、今は『神戸布引ハーブ園』につながるロープウェイが架かっています。
体力に自身のない私は、ロープウェイを利用します。
まぁ、「ロープウェイ」と言うよりスキーをする私にとっては「ゴンドラリフト」と呼んだ方がしっくり来ます。^_^;
ゴンドラリフトは、今年春に新しく架け換わりました。

朝のうちはまだ天気が良かったのですが、ロープウェイの山麓駅についた頃には曇天になっていました。
ココからはちょっとした空中散歩!
六甲山系の紅葉は、見頃を迎えていました。
ゴンドラリフトからの眺めです。
途中の滝は『布引の滝』です。
写真は上り時・下り時に撮影したものが混在しています。
晴天だったら、なお良かったのですがね…。^_^;

0020
0030
0040
0050
0060
0070
0080

木々が綺麗に色付き見頃を迎えていました。
山一面が、鮮やかなオレンジや紅に染まっています。

ハーブ園内も綺麗な紅葉でした。(^^)

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ会場(東遊園地)にて…

神戸ルミナリエは、ご存知のとおり阪神淡路大震の犠牲者への鎮魂と被災地の復興を願って開催されています。
会場となる東遊園地には、震災の記憶をとどめるモニュメントがいくつかあります。

◆慰霊と復興のモニュメント
阪神淡路大震災でお亡くなりになった皆様の名前が刻まれています。
普段は夜間閉鎖なのですが、神戸ルミナリエ開催期間中は特別に開けています。
お名前は噴水の下にある地下の一室にあります。

モニュメント入口
0020_7

モニュメント内部です。
壁にはお亡くなりになった方のお名前が刻まれています。
0030_7

上部は噴水(池)になっています。
底がアクリル板になっており、水面の向こう側に室内が見えます。
0040_7

◆希望の灯り
もう一つ、『希望の灯り』と言うものがあります。
中では、炎が燃え続けています。
0010_7

今年は、3月に東日本大震災が発生しました。
同じ被災地として…
「神戸から被災地へ」のかけ声のもと、『ヒトキズナぷろじぇくと』が噴水広場周辺で開催されていました。
被災地へ元気を届けようと、缶バッジにメッセージを書いています。
0050_6
0060_4

神戸ルミナリエには多くの観光客も来ます。
東遊園地会場周辺には、夜店もたくさん並びます。
0070_4
0080_4

写真を見てお気づきの方もいると思いますが、神戸ルミナリエに出展してる夜店は、普段の夜店と違い、店舗がすべて白色のテントで作られています。
看板も白地に文字が書かれていて、普段、お祭り等で見かける色とりどりの夜店ではありません。

もし今後いかれる予定の方がいましたら、注意して見て下さい。

なお2011年の『神戸ルミナリエ』は、12月12日(月)までです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ 2011 (市役所展望階からの眺め)

東遊園地の北側に神戸市役所があります。
神戸ルミナリエの開催期間中、夜間も展望階を開放しています。
上からルミナリエ会場を見下ろすことが出来ます。

神戸ルミナリエに行かれた方は、ぜひ一度上ってみて下さい。(^^)

ミニアトゥーレ①
0010_6

ミニアトゥーレ②
0020_6

スパリエーラ
0030_6

フォンテ
0040_6

会場(東遊園地)全景の様子です。
0050_5

フロントーネ、ガレリアは市役所最上階の展望室からは見えません(>_<)

今年で17回目の開催の『神戸ルミナリエ』
と言うことは、年が明ければ震災から17年が経過するのですね。
本年は東日本大震災があり、改めて防災や絆について考えさせられた年でした。

“神戸から被災地へ、届け希望の光”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ 2011 (フォンテ)

最後にたどり着くのは、噴水広場の『フォンテ』
今年初めて作品が配置されています。

昨年は「魂と絆のゾーン」として『なら燈花会』さんが燈火を配置されていました。
今年は東日本大震災の関係で『ヒトキズナぷろじぇくと』が開催されており、被災地へのメッセージ受付や物産、観光アピールが行われていました。

フォンテの作品名は『祈りの泉』です。

未来を見つめる力、勇気、魂の秘密を手にした旅人は、最後にフォンテの「祈りの泉」に辿り着きます。
ここで湧き出る泉の光によって、旅人は平和と至福で満たされ、念願の『希望の光』を享受することとなるでしょう。
(『神戸ルミナリエ』公式HPより)

フォンテは青い色を中心に作品が作られていました。
泉を囲むように配置され、その光が水面に反射して上下対象の美しさを醸し出します。
しかし残念ながら、この日は風が強く噴水の水がさざなみ、綺麗に反射していませんでした。(>_<)

0010_5
0020_5
0030_5
0040_5
0050_4

(『市役所からの眺め』につづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ 2011 (スパリエーラ)

東遊園地の広場には、大きな『スパリエーラ』があります。
おそらく、ガレリアを抜けて一番最初に目を引くのがこの『スパリエーラ』です。

今回の作品の名前は『不死鳥の中庭』と言います。

精霊達の庭を後にして歩み続けると、スパリエーラのある『不死鳥の中庭』に導かれます。
灰から蘇り永遠の時を生きる『不死鳥』の光の洗礼を受けることで、「魂は不滅であり永遠の時を生きる」という魂の秘密が明かされます。
(『神戸ルミナリエ』公式HPより)

0010_4
0020_4
0030_4
0040_4
0050_3
0060_3
0070_3

スパリエーラの北側には神戸の特産物やルミナリエのお土産を売るブースがあります。
『ルミナリエ宝くじ』なども発売されています。
0080_3

(『フォンテ』につづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ 2011 (ミニアトゥーレ)

東遊園地の東側、小道エリアに『ミニアトゥーレ』があります。

今年の作品名は『精霊達の庭』です。

ガレリアを抜けると、超自然的な愛の存在『精霊』のいるミニアトゥーレの『精霊達の庭』に足を踏み入れます。
私たちは独りではなく、いつもこのような愛の存在に見守られているということを知り、旅人は勇気を手にします。
(『神戸ルミナリエ』公式HPより)

森の中から突然出迎えるかのように作品が配置されています。
そして、森を抜けた一番奥には、まるで盟主のような大きな作品が現れます。
その前には『祈りの鐘』があり、多くの方が鐘を鳴らし祈りをささげています。

0010_3
0020_3
0030_3
0040_3
0050_2
0060_2
0070_2
0080_2
0090_2

(『スパリエーラ』につづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸ルミナリエ 2011 (フロントーネ、ガレリア)

元町から順路に沿って進むと、はじめに目の前に現れるのが『フロントーネ』です。

今回の作品のタイトルは『聖なる暗号の解読』

「希望の光」を探す旅はフロントーネから始まります。
さぁ、最初の鍵が封印された『聖なる暗号』を解読して旅に出ましょう。
この聖なる暗号は、訪れる方それぞれが抱える人生の問題解決の鍵の象徴でもあります。夢と願いと言う鍵によって聖なる暗号を解読し、門を通り抜けてください。
(『神戸ルミナリエ』公式HPより)

点灯時間の1時間半前と言うのに、既に多くの方が来場し待っています。
交通規制は17時から。
今はまだ、規制前です。
0010_2

点灯は18時からです。
17時半には多くの方が既に詰め掛けています。
点灯時には放送が入り、『しあわせ運べるように』の曲が流れます。
阪神淡路大震災からの復興を祈っての歌です。
今年は特に、この曲の歌詞がしみいります。

(点灯の瞬間の様子↓)

※初の動画です。少し古い携帯電話で撮影していますので見苦しいかもしれません… ^_^;

美しさと暖かさに歓声がわきあがります。
(以下、『フロントーネ』の写真です)
0020_2
0030_2
0040_2

フロントーネに引き続いて東遊園地まで続いているのが『ガレリア』です。

今回の作品タイトルは『未来を見つめて』です。

フロントーネに続くガレリアは、旅人が『未来を見つめて』そしてまた希望を持って未来に目を向ける力を与えてくれる、光のトンネルです。
(『神戸ルミナリエ』公式HPより)

0050
0060
0070
0080
0090
0100

ガレリアを抜けると、メイン会場の東遊園地に着きます。

(『ミニアトゥーレ』につづく)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年も神戸ルミナリエに行って来ました

今年も神戸ルミナリエの季節になりました。
阪神淡路大震災の犠牲者の鎮魂と、灯りをなくした神戸に少しでも希望の光をとの意義から、震災のあった年の12月から毎年この時期に開催しています。
『神戸ルミナリエ』は今年で17回目を迎えました。
今年のテーマは『希望の光』です。
3月11日に発生した東日本大震災の後でもあるため、特に今年は感慨深い開催となりました。

今回は12月2~3日に、神戸1泊で見に行ってきました。(^^)

自宅は神戸から日帰り圏内なので十分帰ることも出来ます。
しかし、ゆっくり見てからクタクタに疲れた状態で夜中に帰るより、神戸に宿をとって宿泊してから翌日も何処かに行ってから帰ります。
今回も多分にもれず神戸に宿泊しました…^_^;

なるべく会場に近い場所に確保しようと色々検索…
すると、なんと『ORIENTAL HOTEL』が格安で空いていました。

「ORIENTAL HOTEL」は、旧居留地のしかもルミナリエ会場の規制線内(すぐ前が『フロントーネ』)にあります。
歴史も古く「一度は宿泊してみたいホテル」の一つでした。
阪神淡路大震災で大きな痛手を受けて一旦は閉店しましたが、昨年、新たに復活しました。
通常でもこの時期、レギュラールームで1泊3万円ほどかと思うホテル。そのホテルのそれも高層階・エグゼクティブルームが、何と1泊朝食付きで1万円少し…。
 Σ( ̄ロ ̄lll)
即決で予約を入れました。
(前回泊まったホテルと2,000円ぐらいしか変わらない…)
36㎡以上のツインのシングルユース…。
嬉しいような、贅沢なような、もったいなかったような…
調度品もサービスも凄かったです。
(貧乏人の田舎者丸出しです…^_^;)
フロントが最上階の17階にあるのも驚きでした。

部屋の中は当然広いです。
0010

洗面設備も綺麗です。
寝室のすぐ横にあります。
0011

バスルームも広ろ!Σ(゚д゚;)
ホテルによくある『ユニットバス』ではありません。
バス、トイレ別々です…。
0012

部屋からの眺望も凄いです。
部屋の真下がルミナリエ会場で、すぐ『フロントーネ』『ガレリア』があります。
0020

ホテルより開会中のルミナリエを撮影(東遊園地方向)
0040

会場(外)からホテルを撮って見ました
0030

規制線内で尚且つフロントーネの目の前とあって、あの長い待機列に並ばずに点灯からゆっくり見て回ることが出来ました。(^^)

今後、数回に分けてルミナリエの各作品の写真をUPしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »