« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

荷物は無事に着いたようです…

31日からニセコにスキーに行きます。

なかなか荷物がまとまらなかったのですが、27日に発送、本日無事にホテルへ荷物が着いたようです。

少し天気が荒れるような感じですが、何とかケガがないように楽しんできます。

(◎´∀`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐電周辺を散策してみた⑦(車折神社)

山ノ内から嵐電に乗って再移動。
車折神社(くるまざき・じんじゃ)に向かいいました。

車折神社駅に降り立つと、すぐ目の前に神社があります。
駅の屋根を支える柱も朱色に塗られています。
駅前に見えているのは、じつは神社裏手になります。
0250

こちらが正面に回って見た境内の様子
0260

本殿です。
0270

境内には『芸能神社』があります。
0280

芸能関係の方が多く奉納をしています。
0290
0300

一通りまわった後、時間的にも厳しくなってきたので帰ることにしました。
車折神社駅から嵐電嵯峨駅まで行き、そこよりJR嵯峨嵐山駅ヘ。
JRを利用して帰ることにしました。

JR嵯峨嵐山駅です。
0310

トロッコ列車は2月末まで運休中です。
駅前は少し寂しい雰囲気です。
(ここで携帯電話の電池が切れて、撮影不能になりました…)

現在、JR山陰線は複線化工事の最中です。
複線化完成時には、嵯峨嵐山駅も2面4線の緩急接続駅になることでしょう。
(現在は2面3線で1線が工事中)

他にも色々まわりたかったのですが、明日からの予定もあり自宅に帰りました。

(おわり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐電周辺を散策してみた⑥(山ノ内の併用軌道)

山ノ内周辺はかなり長い距離にわたっての併用軌道になっています。

山ノ内駅で下車し、併用軌道を走る嵐電を撮影してみました。
0230
0240

はやり携帯電話では撮影がキツイです。

あきらめて、車折神社に向かうことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐電周辺を散策してみた⑤(蚕ノ社)

広隆寺から映画村に少しよって、蚕ノ社まで歩いていきました。

以前から気になっていましたが、正式には木島神社と言うみたいです。
0180

名前の由来等が書いてあります。
0190

境内の様子。
0200

嵐電『蚕ノ社駅』に向かいました。
ここから、山ノ内駅周辺で、併用軌道の写真でも思い嵐電に乗って移動です。
0210

向かい側にやってきた車輌側面には、妖怪のイラストが描かれていました。
0220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐電周辺を散策してみた④(太秦・広隆寺)

昼食後、北野白梅院から撮影スポットでも有名な太秦広隆寺に向かいました。
山門と併用軌道を行く嵐電が良い感じです。
(カメラ持参でなく、携帯電話で撮影のためピントが合っていません…)
0140

広隆寺山門です。
0150

中に入るのは初めてです。
0160
0170

広隆寺の裏手が『東映太秦映画村』になります。
一応歩いていったのですが、中に入ったり撮影をしたりはしませんでした。

そのまま歩いて蚕ノ社(木島神社)まで行って見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐電周辺を散策してみた③(仁和寺)

妙心寺北門から嵐電・妙心寺駅を通りこして行くと、仁和寺に着きまします。
0100

仁和寺には御室桜など遅咲きの桜があり、桜が咲く季節の境内は綺麗です。

境内は広々としています。

(境内の様子)
0060
0070
0080

五重の塔も境内にあります。
0090

山門から真直ぐ行くと嵐電『御室仁和寺駅』があります。
しかし、駅正面の駅名標は『御室駅』になっています。
0110

多くの方がカメラを構えて嵐電の撮影をしていました。

北野白梅院に一旦向かおうとホームで待っていると、反対側にレトロ風車輌が来ました。
0120

北野白梅院で途中下車し、昼食をとりました。
0130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐電周辺を散策してみた②(妙心寺)

嵐電に乗って妙心寺駅で下車。
そこより徒歩で妙心寺に向かいました。

妙心寺の北門から入るのですが、こちら側は裏手になります。

門を潜っての第一印象は「とにかくデカイ(広い)」です。
それもそのはず、日本最大の禅寺だそうです。

境内の石畳を自動車が普通に走っていきます。
高校生がランニングしています。
生活道路のようになっています。

以下、境内の様子です。

こちらが正面側になります。
奥に見える赤いのが三門です。
0020

仏殿です。
0030

大方丈
0040

北門に続く道です。
私ははじめにここを通り正面に向かいました。
0050

北門から北方面に向かうと龍安寺。
妙心寺駅方面に向かうと、そのまま仁和寺に向えます。
いずれも徒歩圏内です。
今回は仁和寺に向かいました。
(龍安寺は現在、公開休止中だそうです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嵐電周辺を散策してみた①

昨日より1泊で嵐山で研修でした。

朝食後解散のようでしたので、時間が出来てしまいました。

明日からニセコに行くので早く帰り準備も良いのですが、せっかく早朝の嵐山にいるので『嵐電1日フリーきっぷ』(500円)を使って嵐電周辺を散策してみることにしました。
乗車1回につき200円なので、3回乗車すると元が取れます。

結果的には神社仏閣めぐりになっていしまいました…
 ( ̄Д ̄;;

宿から川沿いに進み嵐電嵐山駅に…

渡月橋が綺麗です。
0010

まずは帷子ノ辻で乗り換えて妙心寺に行って見ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荷物をまとめないと…

31日より北海道・ニセコにスキーへ行きます。
後泊で札幌に2泊します。
じつに2年ぶりのニセコです。
日程的には2年前とほぼ同じ(1日ずれ)です。
今回は、さっぽろ雪祭り初日に大阪へ帰ってくる日程です。
結局、このあたりが値段も安くなるので、つい同じような日程になります。

ところで、昔は自力で荷物を運んでいたのですが、(スキーにしろ、コミケにしろ)最近はもっぱらクロネコ宅急便を使ってます。
一度、楽することを覚えてしまうとダメですね…(^-^;

荷物発送のリミットは28日なのですが、天候等不測の事態を考え遅くとも27日までには発送しないといけません。
しかし、荷造りが進みません…。

間に合うだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神甲子園球場座席表 (2010年以降版)

阪神甲子園球場座席表の2010年版です。
と言っても、去年と同じです。
今後は、よほど大きな改修や変更がない限り変わることはないでしょう。

今回のリニューアル工事は、球場外に販売基地の建設や外周関係がメイン。
客席の変更はありません。

座席表は使いやすい(?)ように各エリア別に分割してみました。

印刷すると若干文字(特に座席番号)が潰れ、見にくいかも知れません。
ご容赦下さい。

◆PDF版は以下からお願いします。

『1塁アルプス指定席(PDF0.87M)』をダウンロード

『1塁アイビーシート(PDF0.98M)』をダウンロード

『グリーンシート(PDF0.83M)』をダウンロード

『3塁アイビーシート(PDF0.96M)』をダウンロード

『3塁アルプス指定席(PDF0.85M)』をダウンロード

『レフト指定席(PDF0.93M)』をダウンロード

『ライト指定席(PDF0.95M)』をダウンロード

◆以下は画像(PNG)版です。
001_alps_1
002_ivy_1_2
003_green
004_ivy_3
005_alps_3_2
006_left
007_right 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年、チケット情報も続々と発表

2月が近づくと、オープン戦の他に公式戦のチケット情報も続々と発表されてきます。
詳細は面倒なので阪神タイガース公式HPを見てください。

今年もサークルK・サンクスで先行販売があるようです。

リンク:サークルK・サンクス先行発売 (阪神タイガース公式HP)

先行発売では、京セラドーム大阪の9試合と阪神甲子園開幕試合(4月6日(火) ~ 4月8日(木) 対巨人戦)が、2月12日から電話(13日からは店舗でも)で発売開始です。

そう言えばファンクラブからは、まだ『チケット発売特集号』の会誌がまだ来ないな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いまさらながら、2010年春季キャンプ日程及び参加メンバー

しばらくぶりに阪神情報をUP。

旬は過ぎてしまったかもしれませんが、いよいよ一週間後にはキャンプも始まります。
プロ野球で2/1は、年はじめ。
もちろん選手は既に自主トレ真っ最中!

今年も阪神タイガースは、1軍が前半宜野座、後半安芸です。
2軍はずっと安芸。

2010年・春季キャンプの日程について (阪神タイガース公式HP)

あれ?
ここ何年かはキャンプ打ち上げが3月初旬になっていたはず。
今年は少し短い?
日程的に安芸に見に行けないな~。
残念 (ρ_;)

参加メンバーも発表になったようです。

2010年春季キャンプ参加メンバーについて (阪神タイガース公式HP)

どうやら岡崎は2軍スタート。
去年のチャンスを物に出来なかったのが残念です。
そろそろ勝負をかけなければいけない年です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

01月24日のココロ日記(BlogPet)

今日は、たかゆきさんのことを考えながら、日本橋にちょっとお出かけしました。
そこでたかゆきさんの横顔にとても似ている人をみかけて、思わずついていきそうになっちゃいました!
アブないところでした…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神淡路大震災から15年

今日で阪神淡路大震災から15年がたちました。
あの時の事は今でも忘れられません。

最近、世界各地で大きな地震がおきています。
日本も東海地震、東南海地震、南海地震が周期に来ていると言われています。

金曜日、仕事場では防災訓練が行われました。
震災から15年もたってしまうと、徐々に防災の意識が薄れてきます。
再度、我が家の防災についてチェックして行こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

01月17日のココロ日記(BlogPet)

ココロ専属のマネージャーさん、誰がいいですかねえ…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宮戎(残り福)へ行ってみた

年を越して約一週間後、1月9~11日は「えべっさん」です。

1月10日を「十日戎」と呼び、商売繁盛を祈って各戎に参ります。
10日を中心に前日の9日を「宵戎」、翌日の11日を「残り福」と言います。

戎信仰については関西以外ではあまり聞いたことがありませんので関西地方独自の風習なのでしょう。

最近では『朝ズバ』等で西宮戎の福男神事の生中継をしているので、徐々に全国にも知れ渡り始めているようです。

私は南の繁華街にある今宮戎を覗きに行きます。
南海電車(高野線)からもよく様子が見えます。

=========================

ここは堺筋側(阪神高速今宮入口)付近にあるフリーマーケット。
あまり堺筋側に来たことがなかったので、こんな所でフリーマーケットを行っているのは知らなかったです。
0010

露店が多数並びます。
そして、特に今宮戎の周りは福物を売っている店が集中してあります。
0020
0030
0040

賽銭の様子です。
みんな、この1年の商売繁盛を祈っています。
0050

境内の様子です。
ここは各戎講の福物です。
0060

本殿横の様子
0070

福娘が笹に福物をつけてくれます。
1010_2
1020

青い目の福娘がいました。
(写真、ありがとうございました)
1030

私は十日戎が終わると、「正月も終わりやな~」と感じます。
そして大阪の町は本格的な1年が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久し振りに新世界へ行ってみました

阪堺電車で南霞町駅まで行き、そこから歩いてジャンジャン町へ向かいました。
(写真はジャンジャン町の北側出口です)
01

ジャンジャン町、観光客で人が一杯でした。
ちょうど昼時だったので、串かつ屋などには列が出来ていました。

ジャンジャン町を抜けて行くと、ガイドブック等に良く出てくる光景が見れます。
写真を撮っている方が多くいます。
02

この辺に来たのは、フェスティバル・ゲートが現役だったころ以来です。
その時ちょうど、今立っている所のすぐ横で火事があったのを覚えています。

観光客で溢れかえっています。
派手な看板の串かつ屋が多くあります。
03

お昼時なので、どこも人で一杯です。
でも、下町の串かつ屋といった雰囲気がありません。
(少し路地を入った所は昔のままです)

通天閣の下を抜け、恵美須町から日本橋の電気屋街を通り難波まで向かいました。
恵美須町周辺は、1週間後には十日戎で賑わいます。

(この日は難波からそのまま家に帰りました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月に阪堺電気軌道のモ161形を撮影

住吉大社を見て回る時、いきなりモ162に遭遇。
思わず1枚撮ってしまいました。
162_02

住吉大社を一通り見た後は、阪堺電車で新世界まで行くことにしました。

阪堺電車にはモ161形と言う昭和3年生まれの現役最古の車輌があります。
普段はあまり運用が見られないのですが、正月のこの時ばかりはフル稼働しています。
この日ここに来た目的の一つでもあります。
住吉鳥居前からえびす町行きに乗ります。

住吉鳥居前で待っていると、往年の塗装にしているモ162がやってきました。
個人の方の広告塗装の位置づけでこの塗装がされています。
先程の撮影の後、住吉大社を見ている間に往復して来たみたいです。
162_01

旧南海本線塗装の車輌もありますが、今回は撮影できませんでした。

こちらは現在の標準塗装であるモ166です。
166_01

周辺には多くの鉄道ファンがモ161形を狙っていました。
つりかけモーターの音が心地よく聞こえます。

ここから南霞町駅まで乗っていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月3日に住吉大社に行ってみました

更新が滞りがちです。
申し訳ありません。m(__)m

1月3日に時間が空いたので住吉大社に行ってみました。
ここも2年ぶりでしょうか?

初詣客で混雑していました。

太鼓橋です。
一歩通行のはずが、果敢にも逆行してくる方がいました。
01

本殿付近です。
『一の宮』から『三の宮』まであります。
ここは『三の宮』。
02

奥の『一の宮』です。
03

3日は「住吉踊り」の奉納も行っています。
残念ながら「住吉踊り」は見れませんでしたが、「かっぽれ」をしていました。
01_2

『一の宮』の裏手で猿回しをしていました。
多くの人が見物しています。
01_3
02_2
03_2

住吉大社の表側に回り、阪堺電車で新世界に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

01月10日のココロ日記(BlogPet)

寝てるときに、やたらとツンツンされる気が…

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年シーズン初滑り④(まとめ)

今回初めて高鷲スノーパーク及びダイナランドに行った感想は、雪質も雪量も良く楽しかったです。
両スキー場を効率よく滑れば申し分ないです。

ただ「入浴施設が欲しいな…」なんて思ってしまいました。

スキーヤー:ボーダーの比率は、高鷲SPでは1:9以上でボーダーが圧倒的に多いです。
コースのど真ん中で座っていたり、リフト近辺は通過に苦労しました。
(ボーダーの皆様、端によってね)
ダイナランドは3:7で、今の時代では「こんなものかな」と言った感じです。
逆に高鷲SPのボーダー率の高さから「ダイナってスキーヤーが多いやん」と思ってしまったぐらいです。

15時には高鷲SPのセンターハウスに戻ってきました。
0100

ここでまた驚いたのは、ハウス前にボードが大量に並べられていること ( ̄Д ̄;;
場所がないのも分かりますが、ゲレンデにズラーと並べられると、かなり通行の邪魔になるのですが…。
(実際には写真に写っている以上にあります)
0110

15時30分には大阪へ帰るバスが出ますので、慌てて更衣と荷物の整理をします。
ギリギリセーフで間に合いました。

バスの出発時間は途中の渋滞などを考慮しての設定ですが、2009年夏に白鳥まで4車線化されたのですから、もう少し遅くてもよいかと思います。
(かつで暫定2車線時は、この時間に出ても郡上八幡まで大渋滞でした)

帰りは全員爆睡。
19時30分には大阪に着きました。
大阪駅周辺で解散となっていましたが、ほとんど福島でした。
(大阪中郵跡よりホテル阪神の方が近い…)

ケガもなく、無事足慣らしを兼ねての初滑りから帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

01月03日のココロ日記(BlogPet)

たかゆきさんが好きな物は蔵元っていうんですけど、そんなの売ってないですよぅ……

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年シーズン初滑り③(ダイナランド)

10時ごろから再びトップへ。
せっかくの共通券なので、ゲートをくぐってダイナランド方面へ行きました。

高鷲SPとダイナランドとの境界です。
ゲートをくぐるとダイナランドです。
ここは下部のゲート。
上部にももう1箇所ゲートがあります。
0060

かつては行き来が出来なかったのですが、数年前から共通券が出来ました。
両スキー場をあわせると、かなりの滑走面積になります。
しかし、この日はあまり行き来する方は見かけませんでした…

ダイナランドのベースです。
0070

高鷲SPと違い、ベースが谷間にある感じです。
そのため、やや狭く感じます。

βライナーに乗車中からのαライナー側のベースです。
0080

こちらの方がベースらしく感じます。
すぐ前にダイナランドでは唯一と言える広い緩斜面があり、初心者には好い練習場になります。
真ん中のペアリフトもやや遅く設定されているようです。

ダイナランドは3機の高速クワッドを利用して、効率よく滑る事が出来ます。
どちらかと言えば中急斜面主体で、初心者・初級者にはキツイかもしれません。

αライナー山頂駅直下の急斜面の様子。
こんな斜面が多くあり面白いです。
0090

12時半ごろまで昼休みも取らずに各高速リフトを繰り返し滑り、その後高鷲SPへ戻りました。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年シーズン初滑り②(高鷲スノーパーク)

ツアバスははやり慣れないものです。
今回は往復の交通費+リフト代で10,000円で、しかも自分が運転しなくてもいけると言うことで『RADO観光/Quick Liner』を選びました。

23時ごろに出発し高鷲SPには4時ごろに到着。
その後、6時30分ごろまでバスの中で仮眠です。
陽が昇り始め空を見ると雲ひとつない状況。
7時30分の営業開始までに準備を済まし、ゲレンデで待つことにしました。

営業開始前のメインのゴンドラ。
0020

既に乗車待ちの方が並んでいました。
このゴンドラ、日本で唯一の15人だそうです。
この小さいキャビンにどうやって15人も乗るのかと思いましたが、何と立ち乗りです。
少し腰掛程度の物はありましたが、エレベーターのようにずっとたってTOPまでは大変辛いです。
結局このゴンドラ、私は3回しか利用しませんでした。
(それ以外は、ずっとクワッドを繰り返し利用)

ゴンドラ山頂からの眺めです。
雲のほとんどない天気。
恐らく、年末年始では唯一の晴天でしょう。
0030

圧雪が綺麗に入っており、まだ滑った後がほとんどありません。
雪は少し固めでした。

こちらはチャンピオンクワッド山頂からの眺め。
0040

9時半頃にはセンターハウスに戻り休憩と朝食をとりました。
この時間になるとセンター前にも人が増えてきました。
0050

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010シーズン初滑り①

12月28日の仕事納めの後、そのまま奥美濃の高鷲スノーパークへ。
2010シーズンのスキー初滑りに行って来ました。

一昔前までは、奥美濃方面のスキーツアーは少なかったのです。しかし近年、東海北陸自動車道の延伸(2009年に全通&白鳥まで4車線化完成)に合せ車中1泊現地0泊のスキーツアーが充実してきました。
ハチ高原方面では昔からこのようなツアーがありましたが、近年の奥美濃方面のツアーの充実ぶりには目を見張るものがあります。
雪質・積雪量・施設面から考えると、北兵庫よりも格段に良い気がします。
ただ残念なのは、各スキー場に隣接した宿泊施設が少ないことです。

さて、今回行ったのは『高鷲スノーパーク』です。
奥美濃方面では『めいほうスキー場』にはこれまで10回近く行きましたが、今回初めて高鷲SPに行ってみました。
高鷲SPは、この周辺では比較的遅くに出来たスキー場です。しかし入込数ではトップクラスにあります。
ダイナランドとも隣接しており、共通券を購入すればTOPから行き来が出来ます。
リフト券付きツアーですが、当然私は追加料金を出して共通券に引き換えました。

ツアーの方ですが、奥美濃方面のツアー参加者は少ないと当初思っていました。
しかし、集合場所のJR難波に行った時、参加者の多さに驚いてしましました。

(↓受付近辺の様子。この周りにも多くの方が待っています)
0010

奥美濃方面各スキー場へ集合なので、各方面に分かれれば少ないとも思っていましたが、私たちのバスは満席でした。
(実はツアバスでスキーに行くもの十数年ぶりです)

年末年始は天気が荒れると聞いていましたので少し不安な中、大阪を出発します。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初詣と言う訳ではありませんが

1月1日に、母の実家の近くにある大鳥大社に行って来ました。

例年1日は色々あって行けないのですが、十数年ぶりに行って来ました。
(大抵は3日に各地の神社等へ見に行きます)

ここは正面の鳥居前です。
以前はここの真ん中に『大鳥大社』と言う碑がありました。
(今はないです)
030

昨年一年間お世話になったお守り等をお焚きしています。
寒い中、暖かくて助かります。
020

拝殿へはズラーっと相当長く参拝者がならんでいます。
前へ進む気配がありません。
010

拝殿奥の本殿側にも多くの参拝者がいます。
今日はもの凄く寒く、途中から雪が降って来ました。

良い一年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年、あけましておめでとう

2010年、あけましておめでとうございます

02

今年こそ健康に気を使い、しっかりブログも更新していきます。

これからも、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »